【新刊情報】11月下旬『カフェから時代は創られる』を刊行いたします

ニュース

【新刊情報】11月下旬『カフェから時代は創られる』を刊行いたします
2019.10.16

2019年11月下旬
クルミド出版の書籍としては7冊目となる
飯田美樹著・『カフェから時代は創られる』
を発売いたします。

  
長年絶版となり、
amazonでも高価な価格がついていたのですが、
お1人でも多くの方に読んでいただきたいと思い、
この度クルミド出版から復刊することになりました。
 
カフェを続けてきたぼくらが 
開くたびに勇気をもらい、
カフェの可能性を信じさせてくれた一冊を
この度新版として復刊いたします。
 
カフェやカフェのような場を
続けていくことが難しくなっている今こそ
1人でも多くの人のもとへ
届けていきたいと思います。

 

http://www.kurumed-publishing.jp/books/11


----------------------------------
ピカソ、サルトル、ボーヴォワール、藤田嗣治
マン・レイ、モディリアーニ、ピカソ……

20世紀初頭のパリのカフェに
このような天才たちが集っていたのはどうしてだろう?

飯田さんはこの問いにこう答える。
「それはそこにカフェがあったから」
 
偉大な人たちがカフェに集っていたのではなく、
そこにカフェがあり、そこで
他者との出会い・関わりがあったからこそ
集った人々が偉大な人物へと育っていった。

カフェという場は
人を育て、時代を創る力を持ち得るという仮説を
豊富な資料とカフェへの愛情で提唱する一冊。
----------------------------------

|お寄せいただいた推薦文|
 
浜野安宏さん(映画監督)
---
生意気な実存主義者ぶりっ子がサン=ジェルマンデプレのカフェに座った時、全身が震えてとまらなかった。私のパリかぶれは1965年から、ジャン・ジュネ、ジョルジュ・カンジリス。ケンゾー、いくつかの恋も・・・ 

  
長岡健さん(法政大学経営学部教授)
---
20世紀前半のパリ。多様な人々が集い、行き交うカフェはどんな空間だったのか? そして、どんなコミュニケーションが展開されていたのか? 飯田さんの深い考察と熱い思いが生み出す「カフェの空間論・コミュニケーション論」は、創造的な対話や、場のデザインについて考えるヒントに満ちている。そして、21世紀の東京における「サードプレイス論」を揺さぶり、刺激する。


米田佐知子さん(コミュニティカフェFun運営者)
---
人がつながる交流の場づくりを考える全ての人に読んでもらいたい、カフェの持つ価値に触れた一冊。

----------------------------------

|お取り扱い場所|
  
まずはクルミドコーヒー店頭と、当webサイトにて販売。
追って、ご協力各店にて販売いたします。
 
発売にあたり
当サイトにてご予約を承ります。
 
ご予約いただいた方には
発売日の少し前、発送の準備ができ次第
ご案内いたします。

また、ご予約特典としまして
著者飯田美樹さんのサイン入のご本をお送りいたします。

▼ご予約フォーム
https://bit.ly/319UwX6

  
 
書店さま、お店さまで
本書のお取り扱いをご検討くださる方は
以下のフォームへご記入くださいませ。
折返しご条件など、ご連絡差し上げます。

▼お取扱をご検討くださるお店さま用フォーム
https://bit.ly/35CVcrm


その他なにか気になることなどございましたら
以下のアドレスまでご連絡いただけますと幸いです。

hon@kurumed.jp
(担当:今田)