本のご紹介

本のご紹介

Medium

『草原からの手紙』

寺井暁子・著
2017/01/12
2,160円(税込)

穏やかに進む者は安全に進む
安全に進む者は遠くまで行く

「ともに日々を丁寧に生きていきたい大切な人たちがいるのに、
 旅に出るのはなぜだろう。
 思えばエジプトでエゼキエルというマサイの長老と出会ったのは、もう1年以上前のことでした──」


土と草で覆われるマサイの大地を歩く6日間。
その道はかつて130年前、
一人のスコットランド人が歩いた道だった。

空間と時間を超えて届く、草原からの手紙。
読み終わるあなたの胸に去来するのは、
愛する人への想い?、それとも冒険心?

作品詳細へ
Medium

『雑誌「そういえば さぁ、」vol.002』

クルミド出版・著
2016年8月2日
324円(税込)

「そういえば さぁ、昨日…」

「そういえば 最近…」

日常の会話、ところどころに現れる
「そういえば さぁ、」から始まる会話

おせっかいにも、その会話をつかまえて、続けてみると
その先にどんなことが見えてくるだろうか。

誰かが
「そういえば さぁ、」と切り出すと
他の誰かが「そういえば さぁ、」と続けるように

まちの誰かの「そういえば さぁ、」を受けて、
また、「そういえば さぁ、」と話しかけていく。
そんな雑誌でありたいなと思っています。

***

vol.002のテーマは、
「ちょっと知らない夜のこと」

作品詳細へ
Medium

『こどもの時間 -Childhood-』

Emily R. Grosholz・著
2015/12/21
2,160円(税込)

アメリカ在住の哲学者にして詩人
Emily R. Grosholzを
国内で初めて紹介する詩集。

「いのち」「こども」「平和」
「ことば」「自然」──硬質ながら
読み手の想像力を刺激し、飛翔させ
安心感へと着地させる
珠玉の18編を日英併記で収録。

翻訳は、津田塾大学教授(英文学)・
翻訳家の早川敦子。

表紙を含め、作品中に差し込まれ
世界観をともにつくるのは
こどもの幸せと平和をテーマに
絵を描き続けたいわさきちひろ。

また、5つの詩から
インスピレーションを受け
村治佳織、谷川公子が書き下ろした
楽曲の譜面も採録した。

英語、日本語、絵、音楽
──4つの言語で
作品世界を展開する。

こどもの時間。


『こどもの時間-Childhood-』のFacebookページ

作品詳細へ
Medium

『作品集 『月の光』』

小谷ふみ・著
2015/5/4
1,620円(税込)

1869年、パリで刊行されたポール・ヴェルレーヌの詩集『艶なる宴』に収録された12行詩『月の光』

この作品は、同時代の多くのアーティストにインスピレーションを与え、1890年にはクロード・ドビュッシーが同名曲を作曲しています(『ベルガマスク組曲』)

140年以上の時を経て、小谷ふみがヴェルレーヌの詩を訳しました
それは逐語訳ではなく、19世紀におそらくはヴェルレーヌやドビュッシーたちが見たであろう景色を想像し、その絵を、現代の絵へ、そして現代の言葉へと置き直していく道程

嘉瑞工房、高岡昌生の手による活版印刷で、「芸術の連鎖」の記憶をここに刻みます

作品詳細へ
Medium

『りんどう珈琲』

古川誠・著
2015/10/21
3,240円(税込)

千葉県の内房にある静かな海辺の町、竹岡。

海岸沿いの国道から路地を入った坂道の上に
「りんどう珈琲」はあった。

この町で生まれ育った柊は、りんどう珈琲でアルバイトをする高校二年生。

喫茶店にやってくる人、去っていく人たちとの日々の中で、柊はそれまでに味わったことのない感情を経験する。十七歳の柊にとってそれは、生きるということを少しずつ知っていくことだった。実現できない夢もあること、届かない気持ちを抱えていくこと、すれ違うこと、誰かを傷つけてしまうこと。

それでも、世界は美しいということを教えてくれたのは、いつもマスターだった。


『りんどう珈琲』のFacebookページ

作品詳細へ
Medium

『10年後、ともに会いに』

寺井暁子・著
2012年10月1日発行・408ページ
2,700円(税込)

それは17歳の自分との約束。
「いつか、友を訪ねに世界を旅する」

27歳。
思春期を一緒に過ごした仲間たちは今、
世界のどこかで、揺れながら生きているのだろうか。

作品詳細へ
Medium

『やがて森になる』

小谷ふみ・著
2012年10月1日発行・220ページ
2,160円(税込)

追伸
「あなたの中に『あなた』はいますか?」
「私の中に『わたし』はいません」

最後にそえられた問いにそう答えながら、
あの時確かに、
私の深く奥の方で、「はいっ」と小さく、
でも、力強く、
殻を弾くような声がしたのです。

作品詳細へ